オリ ドラフト“隠し玉”は「料理人」 25歳右腕リストアップ

[ 2015年10月18日 08:20 ]

勤務先で料理するジェイプロジェクトの角屋

 オリックスがドラフトの“隠し玉”として「料理人」をリストアップしていることが17日、分かった。社会人野球ジェイプロジェクトの角屋龍太投手(25)で、勤務する「ごはんDINING ほっこり栄本店」では厨房での調理担当を任されている異色の野球選手だ。

 ヤマハの補強選手として出場した今夏の都市対抗野球では三菱重工長崎戦で3回を無安打無失点の好投。特に元巨人の加治前や元阪神の野原を直球で三振に仕留めてスカウト陣をうならせた。現在、複数の球団が調査を行っている模様で、オリックスも最終リストに残し、指名を狙っている。

 腕を振って投げるスタイルは救援向きで、チームでは佐藤達タイプと評価。昨年からマークを続けていて、救援陣再建を掲げる今秋方針とも合致した。岐阜・富田では東明の1学年後輩で、オリックスとの縁もありそうだ。

 ◆角屋 龍太(かどや・りゅうた)1990年(平2)10月18日、岐阜市出身の25歳。4年から「加納東スポーツ少年団」で野球を始め、富田では1年夏から遊撃手でベンチ入り。1学年先輩の東明(現オリックス)の後を継ぐ形で2年から投手に転向。3年夏は岐阜大会8強も甲子園出場はなかった。名城大では1年春からリーグ戦に出場。ジェイプロジェクトでは1年目から登板している。遠投115メートル。1メートル75、73キロ。右投げ右打ち。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年10月18日のニュース