能見 金本氏監督就任を歓迎「相当な覚悟をもって決められた」

[ 2015年10月18日 05:30 ]

阪神の監督就任要請を受諾した金本氏

 阪神投手陣の柱の能見は、金本氏が下した決断を聞き「相当な覚悟をもって決められたと思うので、こちらとしてもそれに応えられるようにやっていきたい」と襟を正した。

 金本氏の現役時代、選手ロッカーが隣同士。10年に右足を骨折した際には、金本氏からサプリを紹介されるなど気遣いを受けた。「こちらも心機一転。金本さんの色があると思うので、それに合わせられるようにしたい」と口にした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年10月18日のニュース