巨人 助っ投4人に残留要請へ マシソンは移籍の可能性示唆

[ 2015年10月18日 07:15 ]

巨人のマイコラス

 巨人は外国人に関し、投手ではチームトップの13勝を挙げ、最高勝率のタイトルを獲得したマイコラスを筆頭に、ポレダ、マシソン、メンドーサに残留を要請する。

 マイコラスには大リーグの球団も熱視線を送っており、引き留めに全力を注ぐことになりそうだ。また、マシソンは試合後に「巨人を愛しているが、国内やメジャーで興味をもってくれているチームもあると思うから、(今後は)分からない」と移籍の可能性を示唆した。野手では2年目のアンダーソンには残留を要請する方針だ。今季途中に加入したフランシスコは退団が濃厚で、カステヤーノスは微妙。2年目のセペダは退団が決定的で、キューバ国内で現役を続行する見込み。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年10月18日のニュース