ダル 来年5月半ば復帰へ GMが言及「来季戦力の大きな上積み」

[ 2015年10月18日 05:53 ]

レンジャーズのダルビッシュ

 レンジャーズのジョン・ダニエルズGMは16日(日本時間17日)、本拠地でシーズン総括会見に臨み、右肘じん帯の再建手術(通称トミー・ジョン手術)を3月に受け、今季登板なしに終わったダルビッシュについて「来季戦力の大きな上積み。5月半ばに戦列に戻ってきてくれると期待している」と話した。

 ダルビッシュは術後5カ月が経過した8月17日にキャッチボールを開始。初めは45フィート(約14メートル)の距離で25球を投げた。その後、距離やセット数を増やすなど段階を上げてきている。8月下旬には「痛みも違和感もないです」と話していた。

 トミー・ジョン手術からの復帰には通常1年~1年半程度を要するが、復帰を急いだために再手術が必要となるケースも目立つ。ダルビッシュ自身も5月には「ちょっと長い分には悪いことはない。再手術になる方がダメージは大きい。それは避けたい」と話していた。術後1年2カ月にあたる「5月半ば」と復帰時期についてGMがあらためて言及したことで順調な回復具合をうかがわせた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年10月18日のニュース