早大野球部元監督の石井連蔵氏が死去 83歳

[ 2015年9月27日 22:39 ]

早大元監督の石井連蔵氏

 東京六大学野球リーグの早稲田大元監督の石井連蔵(いしい・れんぞう)氏が27日、さいたま市の自宅で死去した。83歳だった。茨城県出身。葬儀・告別式は未定。

 石井氏は水戸一高から早大に進み、2年生からエースとして活躍。リーグ通算52試合に登板し21勝12敗。首位打者を獲得したこともある。卒業後は社会人の日本鋼管でプレーした後、25歳の若さで母校の監督に就任し、3シーズンで大学選手権初優勝に導いた。60年の秋季リーグでは慶応大と激闘を繰り広げた「早慶6連戦」の指揮を執ったことでも知られる。

 1963年に1度は退任したが、88年に再就任し、94年まで監督を務めた。2度の監督時代を通じて近藤昭仁(元大洋監督)、小宮山悟(元ロッテ)、仁志敏久(元巨人)らプロで活躍した選手を育てた。また、日本学生野球協会の要職も務めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年9月27日のニュース