則本 援護なく3年連続2桁勝利&2年連続200KのW快挙お預け

[ 2015年9月27日 05:30 ]

<西・楽>2回1死、森(左手前)に先制ソロ本塁打を打たれた則本

パ・リーグ 楽天1―5西武

(9月26日 西武D)
 楽天の則本は7回1失点ながら打線の援護に恵まれず2桁勝利はお預けとなった。

 7回2死満塁では「当たってもポップフライになれば」と秋山を外角151キロの直球で空振り三振。「要所で踏ん張れた点は良かった」と振り返った。

 リーグトップの奪三振は6個を上積みし197として、日本ハム・大谷との差を13に広げた。次回は中4日で10月1日のソフトバンク戦(ヤフオクドーム)に登板予定。いずれも球団初となる新人から3年連続2桁勝利と2年連続200奪三振のダブル快挙を狙う。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年9月27日のニュース