ヤクルトVへ重圧!?山田の“不敗弾”止まった…Gに1差

[ 2015年9月27日 05:30 ]

<巨・ヤ>1回無死一、二塁で左越え3ランを放つ山田

セ・リーグ ヤクルト3―4巨人

(9月26日 東京D)
 14年ぶりのリーグ優勝は目の前に見えているが、なかなか優勝マジックが点灯しない。逆転負けで連勝は4でストップ。巨人に1ゲーム差に迫られたヤクルト・真中監督は「追加点が奪えなかった」と敗因を語った。

 天王山初戦は最高の幕開けだった。初回無死一、二塁から山田が左翼ポール直撃の先制の37号3ランを放つ。苦手としている東京ドームでは今季初アーチ。今季、山田が走者を置いた場面で本塁打を放つと、チームは12戦全勝で、一気に畳みかけるかと思われた。

 しかし、なおも1死満塁の好機で追加点が奪えず、2回以降は5回の山田の三塁内野安打1本と打線が沈黙した。7、8回にはいずれも先頭が四球で出塁したが強攻策で併殺。「流れで打たせましたけどね」と話した指揮官だが、優勝への見えない重圧については「そんなことはない」とキッパリ否定した。

 勝てば優勝へのマジック3がともる一戦。3連覇中の巨人との直接対決2連戦を前に、真中監督はアップ前に選手を集めて、こう声をかけた。「ここまできたのは選手たちのおかげ。俺はこのチームは優勝するのにふさわしい、恥のないチームだと思う。当然、力は入るし緊張する。俺もしている。でも最後は平常心でいつも通り、ヤクルトスタイルで戦おう!」。あくまでもチャレンジャー。敗れはしたが、27日に勝てば、マジック3が点灯する。

 山田は試合後、「負けは負けなので仕方ない。重圧?いつもと変わりない」と言った。第2戦は目下5連勝中の石川が中4日で先発。チームも8月21日を最後に1カ月以上、連敗はない。「何とかあす、取り返したい。真中監督はいつも通り前向きに、会見を締めくくった。 (町田 利衣)

 ≪27日、勝てばM3、引き分けでもM4点灯≫ヤクルトは巨人に敗れたため、最短マジック点灯日は、27日へと延びた。条件は巨人に勝てばM3、引き分ければM4で、それぞれの最短優勝決定日はM3が29日、M4が10月1日となる。

 ▼ヤクルト・石山(4回を4安打3失点で降板)自分の役割を果たせなかった。実力、技術不足。

 ▼ヤクルト・高津投手コーチ 石山はブルペンも立ち上がりも良かった。ただ(長野の2ランで)点を取られて腕が振れなくなった。

 ▼ヤクルト・川端(7回無死一塁で二ゴロ併殺など3打数無安打)試合前は緊張したけど始まったらなくなった。切り替えてやるしかない。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年9月27日のニュース