慶大 岩見&山本 3季ぶりVへ2者連続代打弾で快勝!

[ 2015年9月27日 05:30 ]

<法大・慶大>代打連続本塁打の岩見(右)と山本瑛は肩を組みガッツポーズ

東京六大学野球 慶大9―3法大

(9月27日 神宮)
 東京六大学野球は26日、神宮球場で1回戦2試合が行われた。慶大は岩見雅紀外野手(2年)、山本瑛大内野手(3年)が2者連続の代打本塁打を放つなど、打線が14安打をマークし、法大を9―3で下した。明大は延長11回の末、早大を6―4で破り先勝。今秋ドラフト候補の坂本誠志郎捕手(4年)が決勝打を放った。

 感触は完璧だった。5―3の7回2死二、三塁。代打で起用された岩見が、甘く入った変化球を左翼席中段へ運んだ。リーグ戦初アーチに「純粋にうれしい」と目尻を下げた。比叡山(滋賀)で47本塁打を放った大砲は「東京六大学でやりたかった」と1浪の末に入学した。慶大グラウンドの左翼ネット後方の民家に何度も打ち込み、大久保秀昭監督は「近所の家にさんざん迷惑をかけているので」と冗談交じりに称えた。

 山本瑛も続いた。左翼席へリーグ戦1号。2者連続の代打弾に「初めての長打が本塁打でうれしい」。米国カリフォルニア生まれで「野茂さんを見に行ったことがある」と高校まで米国で過ごした。大学入学当初は礼儀の指導や長時間の練習に戸惑ったが、3年間ですっかり慣れた。浪人経験者と帰国子女。異色の経歴を持つ2選手が、3季ぶりの優勝を狙うチームを勢いづけた。(川島 毅洋)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2015年9月27日のニュース