西武5連勝!十亀8回1失点11勝目 楽天は伊東プロ1号も空砲

[ 2015年9月27日 15:58 ]

西武の先発・十亀

パ・リーグ 西武5―1楽天

(9月27日 西武プリンス)
 西武は3回に炭谷の4号ソロなどで2点を先制。5回に1点を失ったが、その直後に代打・山川が今季初安打となる中前適時打を放ち追加点を挙げた。先発の十亀は8回1失点で11勝目。
 
 0―0で迎えた3回、炭谷が左翼ポール際に4号ソロ。楽天側からの要求によりビデオ判定が行われたが、判定は覆らなかった。1死後、秋山が今季207安打目となる三塁打を放ち、続く渡辺の中前適時打で追加点のホームを踏んだ。

 5回には先頭の森が2塁打で出塁し、1死三塁の好機を作ると、代打・山川が今季初安打となる適時打を中前に放ち西武に貴重な追加点をもたらした。

 この試合が引退試合となる森本は8回の守備から途中出場。直後の最終打席では、三塁ゴロに倒れたが球場は大歓声に包まれた。

 楽天は4回にルーキーの伊東がプロ初安打となる1号ソロを放ったが、得点はこの1点のみ。5連敗で借金を27に更新した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年9月27日のニュース