広島、26試合ぶり2桁安打も…緒方監督「ミス、ミス、ミスが出る」

[ 2015年9月20日 23:13 ]

セ・リーグ 広島4―6DeNA

(9月20日 マツダ)
 広島打線は8月16日以来26試合ぶりの2桁安打を記録したが、逆転負けした。9回は先頭の新井がチーム10安打目となる二塁打で出塁するも、続く松山の右前打でホームを狙ってアウト。反撃ムードもしぼんだ。

 三塁で止める選択肢もある中で本塁突入を指示した石井コーチは「2点差だったけどいけると判断した。結果アウトになったので僕の責任」と説明。緒方監督は「選手は一生懸命勝つためにプレーしているけどミス、ミス、ミスが出る。采配、指揮を執っている自分の責任」と話した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年9月20日のニュース