ヤク山中 2回持たず…炎上5失点KO 昇格即先発も今季初黒星

[ 2015年9月20日 20:45 ]

<神・ヤ>初回2死二塁、ゴメスに本塁打を打たれた山中

セ・リーグ ヤクルト1―8阪神

(9月20日 甲子園)
 1軍昇格即、先発のヤクルト・山中が2回途中5失点でKOされた。

 相性の良さを生かせなかった。初回2死三塁から福留の適時打とゴメスの2ランで3失点。2回にも4安打を浴びて2失点と、1回2/3を7安打5失点で降板した。

 右大胸筋肉離れで8月18日のDeNA戦(横浜)以来、約1カ月ぶりの登板。今季、阪神戦は2戦2勝の防御率0.69と相性のよさを買われてのぶっつけ登板だったが、今季8試合目で初黒星(6勝)を喫した。

 チームは今季初めてマジック点灯の可能性もあったが、お預けとなり2位・阪神とのゲーム差は1に縮まった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年9月20日のニュース