大谷、浅間 女子プロ野球選手と交流 チャンス時の心構え伝授

[ 2015年9月20日 15:53 ]

 日本ハムの大谷、浅間が試合前に、女子プロ野球・東北レイアに所属する古谷恵菜投手、泉由希菜捕手からテレビ番組の企画で訪問を受け、交流を深めた。

 最速117キロを誇る古谷は「大谷選手は“走るのが嫌い”と言っていた。それでもあんなに球が速くなるんだ」と苦笑い。浅間とスワローズジュニア時代にバッテリーを組んだ経験がある泉から「チャンスでの打席の心構え」を質問された大谷は、「プレッシャーとか特に考えずに打席に立った方が良い結果が出る」とアドバイスした。投打二刀流らしい気持ちの切り替え術に両選手は熱心に耳を傾けていた。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2015年9月20日のニュース