阪神ゴメス 2戦連発2ラン!自力V消滅危機に初回3点先制

[ 2015年9月20日 18:27 ]

<神・ヤ>初回2死二塁、ゴメスが中越え2ランを放つ
Photo By スポニチ

セ・リーグ 阪神―ヤクルト

(9月20日 甲子園)
 阪神打線が初回から爆発した。敗れると、自力優勝の可能性が消滅する首位・ヤクルトとの直接対決。口火を切ったのは今季初めて2番に起用された今成だった。

 山中から左前にはじき返すと、左翼・バレンティンが打球をはじく間に二塁へ。2死三塁となり福留の中堅左への適時二塁打で先制した。さらにゴメスの2試合連発となる中越え2ランで3点を先制した。

 今季、山中には2戦2敗で防御率0・69と苦手にしていた猛虎打線。崖っ縁の一戦で初回から猛攻に甲子園が沸いた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年9月20日のニュース