阪神 かみ合わぬ投打 安藤、福原投入も…連戦に尾を引く1敗

[ 2015年9月20日 05:30 ]

<D・神>8回、本塁打を打たれた福原(右)とベンチの和田監督

セ・リーグ 阪神5-7DeNA

(9月19日 横浜)
 阪神が勝負弱さを露呈した。低調だった打線が5点を奪ったが、投手陣が崩れ、DeNAに連敗。和田監督は「選手は必死にやっているが、きのう、きょうに関しては(投打が)かみ合わなかった」と唇をかんだ。

 誤算だったのは先発の能見だ。3―1の3回1死一、二塁から筒香に逆転3ランを被弾。4回5失点でリーグワーストタイの12敗目を喫し「いいコースを打たれたのが多かった」と首をかしげた。救援陣も踏ん張れない。6回には2死一、二塁から島本が連続四球で押し出し。和田監督は「落としていい試合はない」とビハインドの展開にもかかわらず、7回の安藤に続き、8回には福原も2試合連続で投入したが、嶺井にソロを浴びた。

 勝負の12連戦は連敗スタート。首位ヤクルトとのゲーム差は2に広がり、20日の直接対決(甲子園)に敗れると、自力優勝の可能性が消滅する。

 ▼阪神・ゴメス(7回1死で、8月13日の中日戦以来、27試合ぶりの本塁打となる15号ソロ)これまで調子が悪かったということはない。タイミングが合わなかっただけ。この2、3日はタイミングが合っていた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年9月20日のニュース