横浜“雪辱”コールド 藤平10K1失点「打倒・東海大相模でやってきた」

[ 2015年9月20日 05:30 ]

<東海大相模・横浜>8回1失点で完投の横浜の藤平

秋季高校野球神奈川県大会準々決勝 横浜10―1東海大相模

(9月19日 保土ケ谷)
 横浜ナインが、夏の雪辱を果たした。2年生エース右腕・藤平は、最後の打者を空振り三振に仕留めると拳を握り締めた。今夏神奈川大会決勝で0―9で敗れた東海大相模に8回1失点、10奪三振無四球で完投勝利。「夏に負けてから打倒・東海大相模でやってきた。倒せて自信になった」と充実の表情を見せた。

 夏の決勝では2番手で登板し2回0/34失点。悔しさをバネに、精神面で成長した。2点リードの6回には3連打で無死満塁のピンチを背負ったが「丁寧に投げることを意識した」と最少失点で切り抜けた。今月上旬にはU―18ワールドカップをテレビ観戦。外国の強打者を相手に、コースに投げ分ける中京大中京(愛知)の上野の投球術を目に焼き付けた。この日は7安打されながら1失点で踏ん張った。

 新チームから指揮を執る平田徹監督は「藤平の投球につきます」と称え、観戦に訪れた渡辺元智前監督も「プレッシャーの中で勝って自信を得たと思う」と目を細めた。「東海大相模に勝ったのは大きいが甲子園に行かないと意味がない」と藤平。ライバルを相手に大きな1勝。だが、その視線はもっと上にある。 (中村 文香)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年9月20日のニュース