ソフトB パ・リーグ完全制覇 全5球団から勝ち越し

[ 2015年9月20日 05:30 ]

<ソ・ロ>中田(右)の肩を抱き選手を出迎える工藤監督

パ・リーグ ソフトバンク2-0ロッテ

(9月19日 ヤフオクD)
 ソフトバンクが11年以来となる全5球団からの勝ち越しを決め、リーグ“完全制覇”となった。

 ロッテ打線を2投手で1安打零封。中田は8回を106球で1安打に抑える今季ベストピッチで、5年ぶりの完封も視野に入っていた快投に「(9回も)いけると言えば良かったかな」と笑った。工藤監督が挙げた交代の理由は「サファテの記録もあったからね」。守護神はシーズン39セーブ目で、07年の馬原を抜く球団新記録を達成した。

 チームでは武田が12勝、摂津が10勝。9勝投手はスタンリッジ、バンデンハークにこの日の中田を合わせて3人目で、寺原が8勝で続いている。もしシーズンで6人の2桁勝利投手が誕生すれば、パ・リーグでは05年ロッテ以来で、球団では63年以来52年ぶりとなる。CSに向けた先発枠の争いはし烈で、中田は「何とか入るために、一試合一試合が大事」と意気込んだ。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年9月20日のニュース