ソフトB 2軍も強い!史上初ウエスタンV4、指揮官「さらに精進を」

[ 2015年9月20日 16:09 ]

 ソフトバンクは20日、ウエスタン・リーグ阪神戦(守山)で5―1と勝利し、同リーグ4年連続10度目の優勝を果たした。4連覇はリーグ史上初の快挙。

 2回に猪本の15号ソロで先制すると、3回には打率リーグトップの上林が9号2ランを放つなど、序盤からリードを広げた。投手陣も加治屋、嘉弥真、巽、バリオス、森福と一軍級の継投で危なげなく逃げ切った。

 水上善雄2軍監督は「優勝は素直に嬉しいです。1試合1試合を選手のみんなが大事に戦ってくれて、成長を見せながらの勝利の積み重ねだと思う。夏場、リーグ2位に甘んじてた中で、12球団のファームで一番ではないかと思うほど全員が練習に励み、この結果になったと思う。成長は嬉しいが、あくまで2軍。選手個々にはさらに精進し、1軍で活躍できるよう頑張って欲しい」とコメントした。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年9月20日のニュース