中日・ネイラー、無援に泣く…8回途中2失点も3敗目

[ 2015年9月5日 05:30 ]

<中・神>好投を続けていたネイラーだが、8回に阪神打線につかまり降板

セ・リーグ 中日0―3阪神

(9月4日 ナゴヤD)
 阪神戦初登板のネイラーが無援に泣いた。序盤から粘りの投球を見せていたが、8回先頭の藤井の四球から1死二塁のピンチを招き、鳥谷に痛恨の左翼線適時二塁打で均衡を破られた。続く上本を歩かせたところで無念の降板。7回1/3を4安打2失点の力投ながら3敗目を喫した。

 「先頭を歩かせてしまい、自分自身で苦しくしてしまった。きょうはメッセンジャーの方が自分よりもいいピッチングをしたということ」

 今季途中に四国IL・香川から緊急補強した長身右腕。来季の契約延長へのアピールにはなったが「もっと勝てる投球をしたい」と悔しがった。前夜に連敗を5で止めたチームも白星が続かず。クライマックスシリーズ進出の可能性がどんどん少なくなってきた。 (山添 晴治)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年9月5日のニュース