専大、森山リーグ戦1号!3発快勝!連覇へ勝ち点1

[ 2015年9月5日 05:30 ]

<専大・亜大>5回2死一塁から中越え2ランを放った森山

東都大学野球第1週最終日 専大7―3亜大

(9月4日 神宮)
 3回戦1試合が行われ、連覇を狙う専大が亜大を7―3で下し、2勝1敗として勝ち点1を挙げた。森山恵佑外野手(3年)がリーグ戦初アーチを放つなど、打線が3本塁打をマーク。投げては3回途中から救援登板した大野亨輔投手(4年)が6回1/3を3安打8奪三振無失点で2勝目を挙げた。

 打球はバックスクリーン左まで飛んだ。3―3の5回2死一塁。専大の左の大砲・森山がリーグ戦1号となる勝ち越し2ランを放ち「めちゃくちゃ気持ち良かった。やっと出たかという感じ」と笑みをこぼした。星稜(石川)時代は投手だったが、大学2年春から打者に転向。今季開幕前に西武・森、DeNA・筒香らの打撃フォームを研究し、重心を下げる構えに変更したことで「しっくりくるようになった」と貴重な一打につなげた。

 投げては前日の2回戦で145球を投げて完投した4年生右腕・大野亨が好救援。3―3の3回2死満塁から登板すると「連投は苦ではない」と最後まで無失点で投げきった。投打で星稜出身コンビが活躍し、斎藤正直監督は「勝ち点が取れてホッとした。重圧をはねのけてくれた」と選手を称えた。(川島 毅洋)

 ▼亜大・生田勉監督(投手陣が踏ん張れない展開に)柱になる投手がいない。春からの課題が解消されていない。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年9月5日のニュース