松田 歓喜の自身初30号!「オーナーに勝利プレゼントしたかった」

[ 2015年9月5日 18:25 ]

<ソ・楽>お立ち台で「1、2、3、マッチ」と叫ぶ松田。(右は武田)

パ・リーグ ソフトバンク7―0楽天

(9月5日 ヤフオクD)
 ソフトバンクの松田が5回に自身初の大台に乗せる30号ソロアーチ。1―0の場面で貴重な追加点を挙げソフトバンクの大勝に貢献した。

 「打ったのはストレート。うまく打てました」と会心の一打を振り返り、「30本打ちたいと思って10年間やってきた。打てて本当にうれしいです」とメモリアル弾への思いを語った。

 この日は孫正義オーナー(58)が球場で観戦。松田は「オーナーに勝利をプレゼントしたかった。(試合後)ナイスゲームと言ってもらえて良かったです」と特別な1勝を喜んでいた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年9月5日のニュース