オコエ、守備で右太腿負傷…4針縫うも「大丈夫です」

[ 2015年9月5日 05:30 ]

<日本・韓国>6回1死、安尚鉉の打球に飛び込んだオコエは自分のスパイクの刃が右足に刺さり負傷する

U-18W杯スーパーラウンド 日本12―0韓国

(9月4日 甲子園)
 オコエが6回の守備でダイブした際に右太腿を痛め、その裏の攻撃で代打を送られた。試合後に球場内診療所で「右太腿切創」と診断され、4針縫う処置を受けた。

 今大会7試合中6試合で安打を放ち、この試合でも3打数1安打とここまでチームをけん引している。5日以降も出場は可能の見込みで、本人も「大丈夫です」と気丈に話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年9月5日のニュース