松山フェニックス・越智、惜しいサイクル 3安打4打点の活躍

[ 2015年9月5日 05:30 ]

スポニチ後援第40回全日本クラブ野球選手権大会第1日 松山フェニックス12―0ゴールドジムベースボールクラブ

(9月4日 西武プリンスドーム)
 「クラブ日本一」を決める大会が開幕し、1回戦4試合が行われた。昨年準優勝の松山フェニックス(中国・四国)は越智竜一外野手(27)が2ランを含む3安打4打点の活躍を見せ、ゴールドジムベースボールクラブ(関東)に12―0で7回コールド勝ち。5日は1回戦の残り4試合が行われる。

 松山フェニックスは1番・越智が、二塁打が出ればサイクル安打となる3安打4打点で大勝に貢献した。7回には、左越え2ランを放ち「たまたまです。シーズンで1本打てるかどうか」と笑った。

 西条高では主将として05年のセンバツに出場。信用金庫に勤める現在も多い日は1000スイングをこなす。千原宏之監督は「越智が大舞台で力を出してくれた」と称えていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年9月5日のニュース