巨人・松本哲が玉突き事故 首都高速、けがなし タクシーに追突

[ 2015年9月5日 19:43 ]

 プロ野球巨人の松本哲也選手(31)が、東京都港区六本木の首都高速中央環状線で乗用車を運転中、追突事故を起こしていたことが5日、警視庁高速隊への取材で分かった。けが人はいなかった。

 高速隊によると、4日午後7時25分ごろ、松本選手の車が前のタクシーに追突、タクシーがさらに前にいた別の車に追突した。

 現場は片側2車線。事故当時は渋滞しており、松本選手は「車線変更するために後方を確認していたら追突してしまった」と話しているという。

 松本選手は、山梨学院大付高から専修大を経て2007年に育成選手として巨人に入団。09年に外野のレギュラーとなり、打率2割9分3厘で最優秀新人(新人王)に選出された。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年9月5日のニュース