ヤク山田 トリプルスリー“王手” 黒田から今季29盗塁目

[ 2015年9月5日 21:20 ]

<ヤ・広>7回2死一塁、一走の山田は二盗に成功

セ・リーグ ヤクルト―広島

(9月5日 神宮)
 ヤクルトの山田哲人内野手(23)がトリプルスリーに“王手”をかけた。

 5日、神宮球場で行われた広島戦の7回、右前打で出塁。2死一塁で黒田から二盗に成功した。今季29盗塁とし、トリプルスリー(打率3割、30本塁打、30盗塁)に前進した。

 試合前時点で打率3割3分、33本塁打と盗塁数がクリアされれば、達成は確実な状況。02年の松井稼頭央(当時西武)以来、プロ野球史上9人目の偉業となる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年9月5日のニュース