阿部、土壇場の9回に技あり同点打「すげえ試合だったね」

[ 2015年9月5日 05:30 ]

<D・巨>9回1死三塁、阿部は中前適時打を放つ

セ・リーグ 巨人8―7DeNA

(9月4日 横浜)
 ドラマを呼び込んだのは巨人・阿部の技ありの一打だ。1点を追う9回1死三塁。2ボール1ストライクから山崎康の4球目のツーシームを中前にはじき返した。「真っすぐに対応できるようにして待っていた」と土壇場の同点打に笑みをこぼした。

 1点を追う3回1死三塁では「力感なく振った感覚だったけど芯で捉えた」と、その時点では逆転となる13号2ランを右翼席上段に打ち込んだ。きっかけは初回1死一塁での空振り三振。原監督が振り返る。「非常にベンチで悔しがっていた。ああいうものが本塁打にしても打点にしても生むんでしょうね」。

 一時はすり足を試したが、8月29日の中日戦(東京ドーム)から右足を上げるフォームに戻して4戦2発。ベテランの凄みを見せつけた阿部は「すげえ試合だったね」と満面の笑みで球場を後にした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年9月5日のニュース