上野、韓国打線を圧倒!7回10K“完封”13イニング無失点

[ 2015年9月5日 05:30 ]

<日本・韓国>決勝進出に貢献し笑顔でポーズをとる上野(左)と伊藤

U-18W杯スーパーラウンド 日本12―0韓国

(9月4日 甲子園)
 先発した右腕・上野も韓国打線を圧倒した。わずか3安打に抑え、7回参考ながら完封勝利。7回は3者連続三振で締め、10三振を奪った。

 「この試合が大事な一戦になることは分かっていたので、しっかりゼロに抑えられて良かった」。持ち前の制球力に加え、頭脳もさえた。初回、2番・安尚鉉(アンサンヒョン)を外角スライダーで空振り三振に仕留めた。「外角(のストライクゾーン)が少し広い」。球審の傾向をいち早くつかみ、直球とスライダーを外角に集めた。

 1次ラウンドでもブラジル戦で6回無失点。スーパーラウンド初戦となった前日のカナダ戦では中継ぎ待機していた。先発を言い渡されたのはこの日の朝。西谷監督は「制球力もあるし度胸もある」と託し、上野も今大会の連続無失点イニングを13に伸ばして応えた。右腕は「決勝も投げたい」とブルペンで待機する。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年9月5日のニュース