古野、両親の前で好投3勝目 高津コーチ評価「前進している」

[ 2015年6月10日 05:30 ]

<オ・ヤ>3勝目を挙げ、声援に帽子を振って応える古野

交流戦 ヤクルト8―1オリックス

(6月9日 京セラドーム)
 兵庫県出身のヤクルト古野が、両親ら約20人が見守る前で7回1失点と好投。3勝目を手にして「チームが勝ったことがうれしい」と笑みをこぼした。

 大量リードに守られて内角を厳しく突き、凡打の山を築いた。昨年対戦時は被弾した糸井にも安打を許さなかった右腕に、高津投手コーチも「右打者にも左打者にも内角を攻められるのが彼の持ち味。前進している」と評価した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年6月10日のニュース