ソフトバンク・森 球団記録の7者連続奪三振!杉内、和田に並んだ

[ 2015年6月10日 23:06 ]

6回途中から登板し、7者連続三振を奪ったソフトバンク・森

交流戦 ソフトバンク4―5阪神

(6月10日 ヤフオクD)
 ソフトバンクの森が7者連続奪三振と圧巻の投球を披露した。6回1死一、三塁のピンチで登板し、8回2死で上本に左前打を許すまで全て空振りで奪った。杉内(現巨人)和田(現カブス)らの球団記録に並び「うれしいけど、これで終わらないように。次が大事」と気を引き締めた。

 昨季は新人ながら58試合に登板し、シーズン途中からは「勝利の方程式」を担った。今季も20試合目の登板。工藤監督は「チームに力を与えてくれた」とたたえた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年6月10日のニュース