西浦プロ2号!昨年の1号は史上初の新人開幕戦初打席初球本塁打

[ 2015年6月10日 06:20 ]

<オ・ヤ>2回1死二塁、2ランを放ち笑顔で生還する西浦

交流戦 ヤクルト8―1オリックス

(6月9日 京セラドーム)
 ヤクルト2年目の西浦が、2回1死二塁から左中間席へ今季1号を放った。

 昨年史上初の新人開幕戦初打席初球本塁打をマークして以来、ようやく出たプロ2号に「1年以上打っていないし、もう打てないかと思った。自分のスイングをしていればポイントを捉えて入ることが確認できた」と安どした。その後も右に左に安打を放ち、プロ初の猛打賞とアピールした。

 ▼ヤクルト・山田(5回、2年連続2桁本塁打の10号ソロ)点差があったので思い切ったスイングができた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2015年6月10日のニュース