巨人、日本ハム複数トレード大筋合意 矢野&須永←→矢貫&北

[ 2015年6月10日 05:45 ]

トレードが浮上した(上段左から)巨人の矢野、須永、(下段左から)日本ハムの矢貫、北

 巨人と日本ハムが複数の選手によるトレードを進めていることが9日、分かった。複数の球界関係者によれば、巨人側は矢野謙次外野手(34)と須永英輝投手(29)、日本ハム側は矢貫俊之投手(31)と北篤外野手(26)を交換要員として、既に大筋で合意に達しており、10日にも発表される。

 この日対戦した球団同士で複数トレードが実現する。矢野は13年目の生え抜き。2軍で調整中だが外野の選手層の厚い巨人から他球団に移籍すれば出場機会を得られる可能性も高く、人気の生え抜き選手に対して球団側も最大限の配慮をした選択とみられる。

 日本ハムは主軸の陽岱鋼が5月に故障で離脱し、ハーミッダも8日に故障で出場選手登録を抹消されたばかり。外野を岡、浅間ら若手が競い合っている状況だ。実績と経験のある外野手を探していたチーム事情が巨人の意向と合致した。さらに日本ハムは10年まで在籍した須永を獲得することで、左の中継ぎも補強することに成功。巨人は好調の要因である投手陣をさらに強化する目的で矢貫、次世代の外野のレギュラー候補として打撃力のある北を獲得する。

 両球団では08年オフに巨人が二岡と林、日本ハムがマイケル中村、工藤の複数トレードを行った実績がある。リーグ4連覇を目指す巨人にとっては、5月に就任した堤辰佳新GM体制後初の補強。日本ハムも3年ぶりのリーグ優勝に向け、必要な補強ポイントを的確に埋めることになる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年6月10日のニュース