巨人、日本ハム複数トレード正式発表 矢野「巨人には感謝」

[ 2015年6月10日 16:52 ]

トレードが浮上した(上段左から)巨人の矢野、須永、(下段左から)日本ハムの矢貫、北

 巨人の矢野謙次外野手(34)と須永英輝投手(29)、日本ハムの矢貫俊之投手(31)と北篤外野手(26)の交換トレードが10日、両球団より正式発表された。日本ハム入りする矢野の背番号は「37」、須永は「33」。巨人移籍の矢貫は「48」、北は「66」となる予定。

 矢野は巨人の公式サイトを通じて「13年間育てていただき、巨人軍には感謝の気持ちでいっぱいです。ここで身につけた力をファイターズでも活かせるよう頑張ります」とコメント。

 須永も「5年間という短い間でしたが感謝しています。また日本ハムに戻ることになりましたが気持ちを新たに頑張ります」と気持ちを新たにした。

 一方、矢貫は日本ハムの公式サイトで「約6年半、本当にお世話になりました。調子がいい時も悪い時も常に変わらぬご声援をいただき、それが僕の成長につながりました。ファイターズの一員ではなくなりますが、野球は続けていきますので、日本シリーズの舞台でまたファンの皆様とお会いできるよう、精一杯頑張ります」とコメント。

 北も「短い期間でしたが、自分を成長させてくださった球団には感謝の気持ちでいっぱいです。ファイターズファンの皆様のこと、そして北海道が大好きでしたので、こういう形で去るのは残念ですが、元気な姿をお見せすることが恩返しになると思います。ぜひ日本シリーズで戦いましょう」と新天地での活躍を誓った。

 複数トレードが合意した巨人、日本ハムはこの日のナイターで行われる交流戦(札幌D)で対戦する。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年6月10日のニュース