巨人今季3度目4連敗…ポレダがボークで自滅、再びセット課題に

[ 2015年6月10日 05:30 ]

<日・巨>4回無死一塁、けん制でボークを取られたポレダ

交流戦 巨人2―3日本ハム

(6月9日 札幌ドーム)
 今季3度目の4連敗。巨人先発のポレダがボークから自滅した。0―0の4回。先頭の中島に四球を与え、3度目のけん制球の際にボークを取られた。「向こう(米国)ではボークを取られないが体が本塁方向に流れたということでは」。

 1死後、二塁走者を気にしながら中田と対し、内角にやや甘く入った直球を左翼席に運ばれた。5月29日の楽天戦(コボスタ宮城)の後、2軍で再調整。クイックモーションの修正に取り組んだが、復帰戦で再びセットポジションに課題を残した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年6月10日のニュース