佼成学園の小玉 完投勝利で4年ぶり3度目の関東大会出場決めた

[ 2015年4月25日 13:09 ]

<佼成学園・東海大菅生>完投勝利を挙げた佼成学園・小玉

春季高校野球東京都大会準決勝 佼成学園8―5東海大菅生

(4月25日 神宮第2)
 佼成学園が今センバツ出場の東海大菅生を下し4年ぶり3度目の関東大会出場を決めた。

 1メートル68の小兵右腕・小玉は8安打を許しながら要所を締め5失点で完投勝利。「前半は抑えめに投げた。後半勝負だと思っていたのでスピード差をつけることを意識した」と頭脳的な投球を披露した。ドラフト候補の勝俣を4打数無安打に封じ「自信になった」と振り返った。

 藤田直毅監督は「小玉は点を取られたが落ち着いて投げていた。うちは力はないが総合力で戦う」と決勝に目を向けた。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2015年4月25日のニュース