オリックス ハム戦今季初勝利 代打・竹原逆転千金弾

[ 2015年4月25日 17:25 ]

<日・オ>7回2死一、二塁、3ランを放った竹原

パ・リーグ オリックス7―3日本ハム

(4月25日 札幌D)
 オリックスが終盤の逆転で日本ハムに対して今季初勝利を挙げた。

 オリックスは0―2とリードを許して迎えた7回、それまで攻めあぐねていた日本ハム先発・上沢から小谷野が左中間への3号ソロで1点差に迫ると、その後、2つの四球を選んで2死一、二塁。この場面でマウンドに2番手・宮西が上がると、代打・竹原が中越えの1号3ランを放ち、この回一気に逆転に成功した。

 先発のディクソンは6回まで投げて8安打を許すも2失点で踏ん張り、前回登板した18日の西武戦に続いて今季2勝目を挙げた。

 日本ハムは中盤に押し出しの四球と近藤の適時打で試合を優位に進めていた。しかし、6回まで4安打と好投を見せていた先発の上沢が7回に一発を浴びるとリズムを崩し、その後を引き継いだ宮西も悪い流れを食い止めることができなかった。9回には守備のミスも出て3失点を喫し、試合にダメを押された。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年4月25日のニュース