京都フローラ首位浮上 三浦延長V打、矢野「気持ちを込めて」完封

[ 2015年4月25日 05:30 ]

<兵庫ディオーネ・京都フローラ>延長8回2死一、三塁、左前に決勝打を放つ三浦

日本女子プロ野球 ヴィクトリアシリーズ前期・第4戦 京都フローラ1―0兵庫ディオーネ

(4月24日 淡路佐野第1)
 ヴィクトリアシリーズ前期は、京都フローラが兵庫ディオーネを1―0で下し3連勝。今季通算4勝3敗1分けで首位に立った。

 0―0の延長8回に2死一、三塁から3番の三浦主将が左前に決勝打を放った。投げてはエースの矢野が里との息詰まる投手戦を制し、今季初勝利。8回を5安打無四球で完封した右腕は「これまで自分の投球ができていなかったので、きょうは初回から気持ちを込めて投げた」と笑顔を見せた。

 兵庫ディオーネは2勝2敗1分けで2位に後退した。

 ▽第4戦 (淡路佐野第1)
京都フローラ
 000 000 01─1
 000 000 00─0
兵庫ディオーネ
 (京)矢野―中村茜
 (兵)里―寺部

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年4月25日のニュース