瞬時の判断3連発でサヨナラ負け阻止 締めは炭谷“ギャンブル”ブロック

[ 2015年4月25日 07:45 ]

<ソ・西>これぞプロの技!12回無死満塁、返球を受ける前に三走・川島(右)をブロックし、タッチアウトにする捕手・炭谷

パ・リーグ 西武3-3ソフトバンク

(4月24日 ヤフオクD)
 一つのミスも許されない中継プレーだった。12回無死満塁。高谷の打球は左翼線寄りで、定位置より後方の飛球。西武は左翼手の斉藤から遊撃手の金子侑、捕手の炭谷と渡って三塁走者の川島を完全ブロックし、絶体絶命のピンチをしのいで引き分けに持ち込んだ。田辺監督は「みんなの何とかしたいという気持ちがつながった」と称えた。

 3人の判断がかみ合った。まず、斉藤がダイレクト返球では間に合わないと考えた点。そして中継の金子侑は、斉藤からの球が少し三塁ベース側に流れたために返球方向と走者の走路がかぶっていたが、バックホームが走者に当たる可能性を頭から消した。「変に(送球を)ずらしたら駄目。自分の中で一番いい球を返そうとだけ思った」。最後は炭谷。逆に金子侑の送球は三塁走者で見えなかったが「いちかばちか、三塁走者の動きを見て、ブロックしてからボールを捕る」ことを選んだ。返球が見えたのは走者のスライディング後。「金子が本当にいい球を投げてくれた」と話した。

 12回裏。勝利が消えた時点で、右翼に熊代を入れ、斉藤を左翼に回したベンチワークもはまったビッグプレーだった。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年4月25日のニュース