“8打席連続三振中”ポレダが初安打「からかわれていたから…」

[ 2015年4月25日 05:30 ]

<ヤ・巨>5回1死三塁、右前適時打を放つ巨人・ポレダ

セ・リーグ 巨人2-3ヤクルト

(4月24日 神宮)
 巨人のポレダが8回2失点と好投した。

 2回2死一、二塁から大引に先制打を浴びたが、最速154キロの直球とスライダーを軸に安定した投球を披露。1―1の5回には1死三塁から来日初安打となる右前適時打を放った。「試合前まで8打席連続三振中で、日本記録になるぞ、とからかわれていたから初ヒットが出てうれしい」。ただ、7回2死から畠山に左翼ポール際へ運ばれた同点ソロには「2死からの本塁打は防がなければいけない」と悔やんだ。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年4月25日のニュース