4番・坂本また送りバント くしくも85年原監督以来

[ 2015年4月25日 06:17 ]

<ヤ・巨>4回1死一塁、坂本は送りバントを決める

セ・リーグ 巨人2-3ヤクルト

(4月24日 神宮)
 巨人の坂本が1点を追う4回1死一塁から投手前へセーフティー気味にバントを決めた。

 続くアンダーソンの同点二塁打を呼び込んで「三塁手が後ろだったので。もうちょいライン寄りだったら良かった」。19日の阪神戦(甲子園)でも延長11回に犠打を決めて小林の決勝打をお膳立て。巨人の4番がシーズン中に犠打を2つ以上決めるのは85年の原以来だが、3打数無安打の結果には「(小川は)制球良く低めに集めていた」と話した。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2015年4月25日のニュース