DeNA5割復帰 山口11K、1失点で今季チーム初完投

[ 2015年4月25日 16:37 ]

<D・中>DeNA先発の山口

セ・リーグ DeNA5―1中日

(4月25日 横浜)
 DeNAは25日、横浜で行われた中日戦で5―1と快勝し3連勝で5割復帰。3位・中日に1ゲーム差に迫った。

 先発・山口は9回を投げ6安打1失点、11奪三振でチーム今季初完投で3勝目。今季初先発でマスクを被った2年目の嶺井がプロ1号本塁打を含む2安打と気を吐いた。

 1点を追うDeNAは3回、この日が初スタメンの2年目捕手・嶺井が左翼へプロ1号ソロを放ち追いつくと、1死から石川が二塁打を放ち、続く飛雄馬のタイムリー右前打で勝ち越した。

 5回にも嶺井が右中間二塁打を放ち、山口のバントが野選を誘うなどで1死一、三塁とし、飛雄馬の投手への内野安打がタイムリーとなり加点。続く梶谷がの左中間タイムリー二塁打を放ち4―1とした。8回にもロペスのタイムリーで加点した。

 中日は2回、先頭の4番ナニータが左越え二塁打で出塁し、今季初の5番に座った高橋周は右翼線へタイムリー二塁打を放ち先制したが、その後は山口に抑えられてしまった。バルデスは2敗目。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年4月25日のニュース