走塁で足つった…大竹緊急降板「中継ぎの方に申し訳ない」

[ 2014年6月4日 05:30 ]

<ソ・巨>6回2死三塁、遊ゴロに倒れた大竹(左)は右脚を負傷する

交流戦 巨人3―8ソフトバンク

(6月3日 ヤフオクD)
 巨人・大竹が5回3安打2失点で緊急降板した。2―2で迎えた6回2死三塁の攻撃で、遊ゴロに倒れた際の走塁中に右太腿裏をつった。直後の6回に救援陣が6点を奪われた。

 大竹は軽症の見込みで、試合後は自分で歩いて宿舎へ戻り「中継ぎの方に申し訳ないし、責任を感じています」。原監督は「あの程度で足がつってもらっては困りますね。そういうことのないようにしてもらわないと」と手厳しかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年6月4日のニュース