広島、篠田の適時打だけ…野村監督「力がないということ」

[ 2014年6月4日 05:30 ]

<日・広>2回2死満塁、2点適時打を放った篠田はグータッチ

交流戦 広島2―10日本ハム

(6月3日 札幌D)
 広島は投打に精彩を欠いた。先発の篠田が3回に5点を失って降板すると、救援陣も崩れて計10失点。得点は2回に篠田が放った2点適時打のみで、野村監督は「打てん、守れん、打たれる。いろいろ言いたいことはあるけれど、力がないということですよ」といら立ちを隠さなかった。

 交流戦に入ってチームは4勝7敗と、完全に失速。3試合続けて5回を投げ切れなかった篠田は「悔しいし、申し訳ない」と肩を落とした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年6月4日のニュース