セペダ、王氏の激励に先制打も…守備で大量失点招く

[ 2014年6月4日 05:30 ]

<ソ・巨>1回2死三塁、右中間へ適時二塁打を放つセペダ

交流戦 巨人3―8ソフトバンク

(6月3日 ヤフオクD)
 巨人・セペダが憧れの王貞治氏(ソフトバンク球団会長)から試合前に激励を受けた。気を良くしたのか、初回2死三塁では右中間へ先制の適時二塁打を放ち「なかなか結果が出せていなかったので自分自身にとっても大きい一打」。

 しかし、6回1死満塁では、代打・明石の左翼線への打球をグラブに当てながら捕球できず「いけると思っていったが、ちょっと無理だった」。記録は二塁打となり、大量失点につながった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年6月4日のニュース