ロッテ 中日に打ち勝ち4連敗でストップ 伊東監督 ロッテ通算100勝

[ 2014年6月4日 22:00 ]

<ロ・中>5回2死二塁、ロッテ・ハフマンは同点に追いつく中前適時安打を打つ
Photo By スポニチ

交流戦 ロッテ9―6中日

(6月4日 QVCマリン)
 ロッテが接戦を制し、連敗を4で止めた。昨季就任した伊東監督はロッテの監督として通算100勝目を挙げた。

 5―5の8回、無死一塁でロッテはハフマンが左越え適時二塁打を放ち、この試合初めてリード。続く角中が中前適時打、根元が右翼線適時二塁打、さらにサブローの左越え適時二塁打で試合を決めた。ハフマンはは5回にも同点の中前適時打を放つ活躍を見せた。

 中日は平田の2点本塁打で2回に先制し、同点に追いつかれた後の4回にも3点を入れたが、得点した回の裏に失点する悪循環。残塁も12を数え、9回に和田がソロ本塁打を放ったが反撃もそこまで。5割復帰はならなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年6月4日のニュース