松葉ツバメ斬り 森脇監督「今日に関してはよく投げた」

[ 2014年6月4日 05:30 ]

交流戦 オリックス5―0ヤクルト

(6月3日 京セラD)
 オリックスの先発・松葉が12球団最高のチーム打率を誇るヤクルト打線を力でねじ伏せた。最速147キロ直球を軸に5回2/34安打無失点の好投で3勝目をマーク。

 「やはり6回を投げ切ることはもちろん、長い回を投げなければいけない」と反省を口にしたが、相手の今季初零敗を導く内容に、森脇監督は「神経を使う打者ばかり。今日に関してはよく投げた」と労をねぎらった。

 ▼オリックス・佐藤達(6回2死満塁の場面で登板、1回1/3無失点の好投)松葉が内角に投げ切って抑えていたので、後半の投手が楽になった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年6月4日のニュース