大谷 藤浪を意識せず プロ初の甲子園でライバル対決

[ 2014年3月7日 19:24 ]

 日本ハムの大谷は阪神の藤浪との投げ合いを翌日に控えた7日、神戸市のほっともっとフィールド神戸のブルペンで45球を投げるなど調整した。

 8日の試合では、プロに入って初めて甲子園のマウンドに上がる。同じ19歳との対戦が注目されているが「しっかりと打者を抑えることに集中したい」と特別な意識はない。「ずっと結果を求めてやってきた。内容も大事だが、しっかりとゼロで抑えたい」とあくまでも目指しているのは開幕ローテーション入りだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年3月7日のニュース