井川 3回9安打5失点 二塁打4本浴びる乱調初登板

[ 2014年3月7日 19:29 ]

<オ・巨>オリックス先発の井川

オープン戦 オリックス―巨人

(京セラD)
 オリックスの井川はオープン戦初登板となる7日の巨人戦に先発し、3回71球9安打4奪三振1四球5失点だった。

 井川は初回から制球に苦しみ、捕手の伊藤が構えたミットに球は行かず、特に変化球が抜けていた。空振りがほとんど奪えず苦しみ4本の二塁打を含む9安打を浴び毎回の5失点を喫した。

 初回、井端に中安、アンダーソン見逃三振、長野中2で井端が一塁から生還、村田左2で長野が生還、阿部死球、ロペス左2で二塁から村田が生還、坂本四球、片岡空三振、大田見逃三振、4安打2四死球、3奪三振で3失点。

 2回は井端中飛、アンダーソン中安、長野右飛、村田ライトフェンス直撃の安打でアンダーソンは三進、阿部右安でアンダーソンが生還、ロペス遊ゴロで3安打1失点。

 3回は坂本レフトフェンス直撃の二塁打、片岡右安、途中出場の橋本の2球目に一走片岡が二盗、橋本空三振、井端二ゴロの間に三走坂本が生還、アンダーソンは遊飛で2安打1失点。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年3月7日のニュース