内川 腰痛、3試合ぶり出場で適時打「いい打撃だった」

[ 2014年3月7日 18:48 ]

オープン戦 ソフトバンク8―DeNA

(3月7日 横浜)
 腰の張りのため大事を取っていたソフトバンクの内川が、3試合ぶりに出場した。

 初回1死三塁では内寄りの初球を巧みにさばいて右前へ。「差し込まれた中で細工ができた。いい打撃だった」と納得の表情だった。試合後に雪が舞うほど肌寒かったが、腰については「大丈夫です」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年3月7日のニュース