阪神 押し出しで30イニングぶり得点 まだ白星なし

[ 2014年3月7日 15:22 ]

<神・ロ>3回1死一、二塁、成瀬の前に左飛に倒れる阪神・西岡

オープン戦 阪神2―6ロッテ

(3月7日 甲子園)
 阪神は7日、甲子園でロッテとオープン戦。7回に押し出しで30イニングぶりの得点を挙げたが2―6で敗れた。まだ5試合だが、0勝4敗1分け。白星がない。

 榎田が先発。初回は三者凡退の上々の立ち上がりを見せた。1日の教育リーグ・オリックス戦(4回途中で雨天中止)では3回を1安打に封じ、無四球無失点。。「前よりよくなっている。思ったよりよく投げられた」と状態の良さをうかがわわせていた。

 だが、2回、2死を取ってから安打、四球、二塁打で2点を失う。3、4回は三者凡退。4回2失点でマウンドを降りた。5回に登板した筒井が大乱調で4点を失う。

 4、5日のソフトバンク戦で完封された阪神打線。この日もスコアボードに0を並べる。7回、2死満塁から押し出しで1点。連続無失点を29イニングで止めた。8回には新井良が左越え1号ソロ。だが、得点はそこまで。白星が遠い。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年3月7日のニュース