広島ドラ3田中プロ1号 守っても二遊間に三塁こなす

[ 2014年3月7日 05:30 ]

練習試合 広島8―2社会人オール広島

(3月6日 マツダ)
 広島のドラフト3位・田中が6日、本拠地初打席で“プロ1号”を放ち、開幕スタメンを猛アピールした。社会人オール広島との練習試合に「2番・遊撃」で先発出場。初回無死一塁で、内角高め直球を右翼ポール際のスタンド中段まで運んだ。

 「しっかり振れたのはよかった。右方向へ強く打ちたいと思っていた」

 進塁打を意識しながらの一発。それよりも自画自賛したのは、カウント1―2と追い込まれながら、四球を選んだ2打席目だ。「本塁打の後は乱れることがある。ボール球に手を出さず、四球を選んだ打席の方がよかった」と強調してみせた。

 打つだけじゃない。この日は二遊間と三塁の3ポジションをソツなくこなし、二盗にも成功。開幕1軍は当然視され、スタメンにも名乗りを上げる勢いだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2014年3月7日のニュース