ロッテ2位捕手・吉田 開幕1軍へ2安打 監督も評価

[ 2014年3月7日 18:17 ]

オープン戦 ロッテ6―2阪神

(3月7日 甲子園)
 ロッテのドラフト2位の吉田(立正大)が打撃で好アピールした。2回は2死から先制の2点二塁打。榎田の低めの変化球を左翼線に運び「食らいつこうという気持ちだった」と振り返った。5回は送りバント失敗も、6回は左前打。開幕1軍へ「今よりもっと高い意識を持ってやっていけたら」と話した。

 キャンプ中から吉田に直接指導してきた伊東監督は「下位とはいえ、一発もある。非常に期待が持てる」と評価した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年3月7日のニュース